Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

入学前近況

というわけでiPad mini、発表されましたねえ! 喜び勇んで注文操作をしてたら代引き不可能とか言われて買えてませんが、廃盤じゃなかっただけで僥倖です。

 

英語の導入教育は2/12~3/12という日程で無事修了しました。わりとタイトな日程で6本(200語3本×添削後修正3本)のエッセイ提出が課されていました。結果的に初級でよかったと思います。というのも私……導入教育とはまた別件の、4月からの本番の英語科目に向けた時間制限付きレベル判定テストで惨敗しましてね。へっへっへ。なので自主的に基礎から猛然と学習し直しているところですが、実際基礎がなってなかったですね。

私、NPRというかwnycのヘヴィリスナーなんですけど、分ったつもりから抜け切れていないのかもしれません。なので、いずれにしろ数年本腰を入れてみっちりと英語をやれる機会を得たのだから、みっちりがっつり取り組んだらいいじゃないか!  2週に一度ネイティヴの先生と10分間スカイプしなきゃいけないんですってよ!


30代は英語、40代はドイツ語を修める!などと考えていたこともあるのに、未だに英語でつまづいてるってどういうことですかね……。


閑話休題で導入教育の英語ですが、これもなかなか面白かったです。やはりネイティヴの添削指導を受けさせていただきまして、僕らはこういう言い方はしないかな、といったアドバイスの数々に、あーなるほどなるほどという感じ。独学は限界ありますよねえ、やっぱり。


英語に限らず、始まる前からいろいろ不安なので、自分にはこれが、この経験が、去年卒業したばっかりなのに何故かまた大学入り直す苦行が、単にブランド力に目が眩んだ見栄からの動機以上に必要なのだという理由をいくつも考えるんですよ……。将来、姉と自分が入るグループホームを切り回すなら学歴も必要だとか(いや学歴は一応すでにあるんですが、今度の入学先は医療関係者も多く学んでおられるので。実際役立つ知見が得られるはずです)、さらに将来はますますの人手不足が予想されるわけで移民の看護師さん介護士さんと交渉やコミュニケーションを図る必要の中で英語力があるに越したことはないだろうとか。