Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

I don't think I'm cut out for...

 
 3月に通信大学を卒業したでしょう。卒業記念で4月にピアスを開けまして。7月はクラウドソーシングでSEO記事量産に加担するバイトを始めて*1小銭を稼ぎ。10月になると別の通信大学の出願のため志望動機3000字と現況1000字を手書きですよミスの許されないジェットストリーム手書き。ここまでは平穏だったんですが、11月早々に左足を(結果的にはただの捻挫だったんですけど)パキっと怪我して体力の維持に自信をなくす中、書類選考に合格したので次は面接となるわけです。ほんとはサイタマの山奥まで行くんですけど医師の診断書と引き換えに国外勢と同等の配慮をいただいてskype面接にしていただけた。それにしても普段まったく人と話さないんですから面接なんて恐怖でしかないわけですよ恐怖。二次試験当日をまったりと待つあいだにも下らない出会い系SEO記事に時間を浪費するのが嫌になってバイトをやめ、いっそのことバイト代でサーバを借りてバイトで覚えたWordPressをぶち込んでアフィ目的の書評ブログなど始めましたね!(12月末現在すでに面倒になって更新停滞してますけどね)(レンタルサーバの更新代払うまでに収益化できるんだろうか無理)
 あっ、面接は意外と腹が据わって乗りきりました。あとから考えると真ん中のかた学部長でしたよね……って青くなりましたし、幼稚なことしか言えなかったし、短い時間にも知識のレンジの格の違いを感じる瞬間があって感銘を受けたりしながら。とりあえず無事に喋れただけでもほっ、としたら再び転倒して今度は肩を痛めた12月。
 通信といえどもいちおう倍率的な数字が出ており、合格者掲示の受験番号もけっこう飛んでて冷や汗ものでしたが(向こう様も卒業率を落としたくないから意欲諸々を見るんですよね)、どうやら面接もクリアして無事、合格しました。eスクールの人間環境科学科、2年次編入になります。院ではなくて、もう一度大学生です。
 記事タイトルはここに掛かっていて、正気に返ってみると私どう考えても勉強に向いているタイプだとは思えません。何もかも恐ろしいですが統計学(必修)が本当に恐ろしいです。恐ろしいです。恐ろしいです! ハコネエキデンデオウエンデキルボコウガデキタゾーとか言ってる場合なのでしょうか?
 そうしたこうしたで、今年は比較的イベントの巡った一年になりました。
 さいきんは殆どアニメを観ていなくて、今はゲーム・オブ・スローンズを怒涛の勢いで消化しています。(統計学を倒せるドラゴングラスかヴァリリア鋼はないものでしょうか?)
 以上、2018年のまとめでした。
 

*1:お金を稼ぐこと自体が初体験でした。