Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

UBWエピローグによせて。#13

 
〈時計塔〉のロンドン。ど、同棲生活、だと……////// 時計塔といえば、この流れはもしかしてウェイバーくん来るんじゃないですか? 来るよね? ってほんとに来た! ウェイバーくん、じゃなくてウェイバーさんだよ。いやロード・エルメロイ2世か。べつじーん。そりゃイスカンダルの薫陶を受けて、(イスカンダルの臣下として)ギル様にお言葉をいただきもした少年が十何年も経てば立派になるしかないですよねえ。
 
 
桜ちゃんと慎二くん。桜ちゃんと慎二くん。桜ちゃんと慎二くん!
 
 
と、いうわけで、Fateには久々にスケールの大きな正統派なドラマ大系を観せてもらいました(もらっています。まだまだ進行形でもある)。Zeroのときもブログで言及しなかったし一期も取り上げてなかったのでまったくの予定外でしたが二期に入って本格始動したギル様があまりにも美しく麗しすぎたせいで道を踏み外しました。反省はしない。ギル様のご活躍はUBWだけで充分以上に満足ですが、ギル様個人としてのハッピーエンドはやっぱりセイバーに討たれて、かはっ、てなりながらも美しく愛しげに微笑まれている画像をどこかでみたけど、あれですよね。セイバールートの。なので機会があれば旧作も補完したいものです。
 

心から言いたいことは、どこを切り取っても美しく華麗で強大な英雄王のお姿を、スタッフの皆さん本当に、本当にありがとうございました。私のボキャブラリーでは結局最後まで、そこにあった美麗さを言い表せなかったっ。忸怩たる思いがしてます。出直してきます。英雄王を讃える表現力の修行のためにも二期BOX欲しいです!!