Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

私はその状態を肯定しないたとえ敵になったとしても

 

 
DVDまたはiTunesレンタルと思いつつ未見だったものを地上波放送でやっとキャッチしまして、公開からだいぶ月日が流れていますのでまあ評判は耳に入っていましたが……なるほど 把 握 し た !(何を) それはともかく、X-MENシリーズじたい未見なんですがゼロ的な話はやっぱり面白い。いや作品としても出来がいいのだろうけれども。


 
 
思い出されるのは、
 

 
私このブログで(去年あたりやってた)絶チルの兵部のアニメが好きだった話したかなあ。絶チルも本編は漫画もアニメも全くの未見なのですが、単体だけで見ても画面演出的にけっこうな佳作であるとともに、兵部京介と本編主人公との間の関係性がたいへん大好物です。

 
 
それで。
 

 
DVDで初見です。変身シーンが痛そうで何故かなとか、ハードSFすぎてうかつにレビュー書けないよとか、そんなことくらいしか浮かぶ言葉もなく、いつもの私の面白く楽しみすぎて言葉がないというのとはちょっと違うかもしれない、けれども何か不満があるわけでもない、不満なんてぜんぜんないし、パルミジャーノレッジャーノ!!だけで満腹の上に杏子ちゃんとさやかちゃんにほろほろ泣かされ、未解決和音のごとき余韻をぞんぶんに味わわせていただいた。
一ヶ月くらい経った頃にとつぜんわかったのだが、つまりこの関係性が大好物であるがゆえに私の中にパターン、ある種の粋となったものが収納されており、だから、“ほむらちゃんええええええ!” というよりも、“おいでませほむらちゃん☆” という予定調和。予定調和を舌に転がして味わう運びとなったのではないかなと、そう思います。なので意外性(つまり私の中に存在しないもの)という意味では今後あるべきまどかのレスポンス、がより楽しみですね。
 
しかしいちばん感じたことは、脚本、演出、音楽、美術という要素がこれほどまで等価に調和している作品はかなり珍しいものなんではないかと思う。