Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

#21『血の褒賞』

 

宜野座・征陸父子のすったもんだは(すったもんだて)初見あまりにもベタでウェッティで一般層向けかな、と思ったんですが、二度目観たときにはわりとさらっと流れていったので、前のめりになっていたのは私なのかもしれません。ベタは予想通りなので問題ではありません。 で、ギノさんは最終回で伏兵的な立ち回りをするかというと、左腕義手化を襲名するの濃厚だからなあ。義手継いで執行官化(絶望的に似合わなそうだが……)する姿@エピローグとアヒャヒャ化とは並立し得ないと思うので、多分ないのではと思う。べつにどっちでもいいけど。というか執行官化は……するのか? 適性ry あ、でも意志を深めて伏兵化する過程を以って執行官の適性を得るという線はあるか。まあでも尺が。
「遅すぎるだろ……!」は自分に向けた言葉でもあるのかなあ。
 
リヴォルヴァーとは何だったのか。 拳銃持って追い詰めるときのコウちゃんの緊張感というよりも余裕なさが強調されてる感じの絵は演出意図そのままだとすれば実にそれがコウちゃんというキャラクターの負う歴史の滲んだオリジナリティだよね。次もう最終回だからコウちゃんって呼んでみました!
 
勝手に妄想最終回。二人はもうシビュラに入ってシビュラの中で永遠に戦っていたらいいんじゃないかな! んでドミネーター構えた朱ちゃんが今のドミ子の声はどっちの託宣かなあとか思いながら相変わらずグッドシェパード業はたいへんで落ち込んだりもするけれど色相濁らん私は元気です。フェアリィー♪