Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

#17『鉄の腸』

 
早く感想書きたいと思いながらも結局地方民みたいな曜日になってしまいましたが。それもこれも、もう一回見直そうと再生するたびにCパートを繰り返してしまうループに陥ったからだ。やばい。幻を見てしまうほど槙島氏に対して怯えが入ってる狡噛さん……! 何でしょうかこれは! ものっそい萌えるんですが……!! ここにはらわたから血反吐吐きそうなほどの萌えを発見してしまったんですが……!! どこまでキャラ性の角度を増やす気だ狡噛!!!
虫の知らせのあとに電話が掛かってきて立ち上がってテーブルに脚ガタってなるのも、演出としてよく描けてる。よく身体の動きが描けてるなーここ。しかしまあ、そりゃ怯えも入るよねという。あれだけ復讐目指して鍛えてたのに勝てないんだもんな。。
 
・狡噛さんが後藤さんの台詞パクったと聞いてry
・この榊原さんは好きだわ……一番好きかも。
・何かクレーンゲームやりたくなってきた。
・愉悦……
・あれに乗っているとは気付かなかった。これはなかなか上手かったですね。

 
妙に槙島氏が主格的(ヒーローとも主役とも違うが、感情移入できる役割という意味で)にみえる回だったわけですが、それというのは、何だかんだと普段からテクノロジーへの期待を申しましてもやはり身体を失うことには本能的に鬱感を覚えてしまうからなんだろうと思います。それというのも創作物から与えられてきた印象なのかもしれないですが……某テクノライズのあれとかトラウマになっていたりもしますしね。
うん、まあ、生身をぶち殺されるのも義体をぶち壊されるのも同じといえば同じなのかもしれないけれども。。
免罪体質がちょっとわからなくなっちゃったなあというのはあるけど、スカウトしたいから免罪? ……ってわけでもなくて一応数値は数値をみて算出されてるのか否か。

 
逃げた執行官とか局長の煙草とか意味深だったけどなんだろね。