Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

#11『聖者の晩餐』

 
感情あるいは感情の濁りというものは、理解できないものに相対して生ずるものだと思うんですよ。例外はあるけれど。おしなべて。だから槙島は底が見えると玩具を手放してしまうし、もっとわけのわからないものを探している。
 
片手にドミネーター片手に猟銃(システムvs自己意志)という画はね、内心の葛藤に逐一迫れる小説に適した小説的な演出法であって、じっさいに画でこれをやると動作の自然さを短い時間(あるいは少ないカット)で描ききれないんだと思います。しかし、数値がどんどん下がっていく三次元的な経時感覚のある音声効果、これは映像演出のつよみなのですよね。

ラストで槙島から俯瞰に戻っていくのは1話との反転、輪っかぽいけれど、正確にはまだ1話アバンまで巡っていないので、まあ。でもこの回事体が1話と対応してもいるはず。


 
〈一クール終わり時点での各キャラ雑感〉

・狡噛 狡噛は実のところ未だにわからない。ここまでにわかっている人間像で留どめても特に問題はないのだが、文芸陣のニコ座談会でまだこの先で見えてくる何かがあるような感じで濁されていたのと、あと名前の含意の部分で油断ならないものがある。
・朱 朱ちゃんはここからどの方向へいくかが気になるところですが、これまでのこの作品の傾向的にあまり極端な振れ幅は取らなそうですかね。
宜野座 ギノさん。ギノさんはでも、普通の人だと思う。開始前に想像されたようなアキレス腱ではなかった。無能だけどね。父親関係のことを克服すれば例えていうならアイゼンフリューゲルのゲプハルトポジションを確立できると思う。死にそうな感じはあんまりしないかな。
・征陸 もしも組織内部に裏切り者がいたというような展開があるとすれば、征陸さんかなと思うんだけど、今のところそういう気配があるわけではない。
・六合塚 1クール目に各キャラ回をというつくりではなかったので、特に六合塚については、何もわからない。ストイックそうな百合おねーさんということしかわからない。(1話で削られたセリフ嫌いじゃないwあれ削ったのもったいない)次あたりでクローズアップされるんでしたっけ。
・縢 縢も今のところトリックスターポジションを動いていない。
・唐之杜 さいきん出番ない。