Rejoice!@はてなblog

The power of the Web is in its universality. Access by everyone regardless of disability is an essential aspect. ―Tim Berners-Lee

UN-GO 終わっちゃった…

・人は必ずブレるもの 「UN-GO」脚本・會川昇氏が語る【前編】

・人は必ずブレるもの 「UN-GO」脚本・會川昇氏が語る【後編】

>君のところの縫いぐるみは喋らないよ、って風守兄様予約済なのに!w

 
UN−GOの最終回が素晴らしく。拍手。拍手。こんな完璧な最終回は稀有。いやいやもっと観たい、二期を切に希望しますけれども、本当に楽しい最終回だった。真犯人の動機がいいじゃないですか。海勝さんと新十郎の対置も。梨江ちゃんに過去を話しながらのエンディングも。物語が物語で終わらないこの感じがとても良かった。生きていく人間の描き方が。
EDの最後の一枚絵における海勝さんの位置と姿勢がけっこう私はずっと気になっていまして、だってあれ、堕ちている敗戦探偵が一応主人公らしい高いところにいるじゃないですか。
EDといえば速水君の矢印総受けもダブルミーニングが決まっていました。そうやって計算し尽くされているところはところで綺麗に終わっているし、でも味わって噛み砕こうと思えば思うほど手応えのありそうな奥行も深い、凄い作品。どんどん密度が高まっていって、一巡では受け止めきれなくなってしまったので、DVDを揃えていきながら改めてじっくり観賞、考察したいと思っています。しかし未鑑賞の身に『因果論』ディスク化四月は遠いよ辛いよ、あんまりだ!